プロフィール

自己紹介

プロフィール写真

藤堂 圭太(とうどう けいた)
ウェブデザイナー/ウェブエンジニア/イラストレーター/研修講師
東京都府中市在住

略歴

  • 1976年 滋賀県彦根市に生まれる
  • 1995年 某大手家電メーカーに正社員として入社。システムエンジニアとして社内システムの企画/開発/運用を経験。
    このときホームページ制作やデザインに初めて触れ、興味を持つ。
  • 2007年 個人事業主(フリーランス)として独立。
    ウェブサイト制作、システム開発を中心に活動を開始。
  • 2011年 屋号登録。TDクリエイションとして事業を開始。
    個人で制作案件を進める一方、NPO法人に所属し、デザインやプログラミング、社会人教育等の講座講師等を務める。
  • パートナーとの結婚、子どもの誕生を機に家庭を大切にするライフスタイルを目指すようになる。仕事・家事・子育てを3本柱に家族を支える主夫像を探求中。
  • 現在に至る。

制作ポリシー
大切にしていること

  1. コミュニケーションを大切にする

    制作を進めるにあたりコミュニケーションを大切にします。
    メールやチャットなど文字だけのやり取りが日常的なこの時代。ともすれば「送信して終わり」な一方通行のコミュニケーションになりがちです。

    しかし、確認することを怠ると「思っていたものと違うものができた」という事になりかねず、お互いの貴重な時間を浪費してしまう可能性があります。そうならないために、些細なことでも確認をし、お互いの行き違いが少ない丁寧な制作を心掛けています。

  2. 相手の目線で考える

    ここでいう「相手」とは2つの存在があると考えています。

    1つは依頼をいただいたあなたという存在です。
    「こんなウェブサイトやチラシをつくりたい」という想いを聴くことはもちろんですが、時には「言葉にならない気持ち」や「上手く表現できないこと」というものがあるかもしれません。そうした隠れた想いを引き出すことができるように努めています。

    もう1つは、作ったウェブサイトやチラシを見るあなたの先のお客様という存在です。
    制作物が出来上がっても、その先のお客様が興味を持たなければ本当の意味の成果とは言えません。そのお客様が本当に欲している情報はなにかを考え、分かりやすくカタチにすることを大切にしています。

  3. 楽しみやワクワクを届ける

    デザインをするためには、たくさんの時間を必要とします。
    あなたの想いを聴き、「誰に向けて、どのような内容を、どうやって発信すればよいか」を一緒に考え、つくりあげる過程が必要になるからです。

    これらを考えすぎると、難しい、分からない、できないという思いで大変な場面もありますが、一方で一歩ずつ作り上げていく作業は、「面白くなってきたぞ!」「この先どうなるのかな?」というワクワクやドキドキが生まれやすい場面でもあります。
    そんな体験を味わえるようにすることが、私自身の努めでもあると考えています。

お問い合わせ

サイト制作や運用に関するご相談、
「まず何をすればいいの?」といった相談からでも構いません。
お気軽にお問い合わせください。